早めに取得しておきたいISO27001!危険を察知して避ける

企業の信頼感を高めるためにはISO27001の取得が最適

企業の活動を行う上では、ISO27001取得の必要性が大きく取り上げられるようになってきました。背景にあるのが、国際競争力を高めていくことが不可欠という点が挙げられます。近年におけるビジネスにおいては、ネットワークサービスを使いこなすことが必須となっており、さまざまな情報を得ることが求められています。ネットワーク環境が大きく影響力を持つ中、企業にとっては、オフィスセキュリティ対策にも多くの人員や労力を必要とするようになってきました。サイバー攻撃や個人情報漏えい、機密情報管理などへの対策の徹底が求められるようになったのです。そんな中、ISO27001の取得が企業運営にとって重要な役割を果たすことになります。

ISO27001を取得して良かったことランキング

no.1

情報収集による効率化

社内における情報の流れを速やかに把握することができます。情報収集における無駄を排除することで効率化を実現。

no.2

個人情報や機密情報の保護に貢献

個人情報や機密情報の保護の徹底ができます。顧客や得意先、取引先などの情報は厳重に管理することが求められます。

no.3

スムーズな活動に寄与

情報ごとによって異なる、その取り扱い方法などについて理解を深めることができました。ただ漠然と管理するだけでなく、スムーズな管理ができるようになります。

no.4

一人一人のセキュリティ対策

ISO27001を取得することで、より情報の重要性に気づくことができます。是が非でも守り抜かなければ企業価値も低下するなどの使命感も持つようになります。

no.5

海外からも信頼される企業に

ISO27001を得ることで、多くの企業からの信任を得ることができます。日本国内はもとより、海外からも注目されます。

いざ取得!ISO27001の取得までの流れ

社内に取得に向けての取り組みを周知徹底

ISO27001取得のために最初に行うのが、社内の体制づくりです。取得のために先頭に立つ社員を選定して、取得のための推進委員会などを発足します。各部署ごとに推進委員を設けるなどして、社内に浸透させます。

全社員を対象とした勉強会も

全社員を対象としたアンケートなどを実施して、情報資産等の洗い出しを行います。また、ISO27001取得に向けてのリスク管理についても徹底的に浸透させていきます。ある程度の段階まできた時点で勉強会などを実施します。

経営陣によるチェックの後に

社員全体への勉強会や理解度テストが終了した時点で、ISO27001運用のマニュアルを作成して、実際に運用を始めます。その後、レビューとして経営陣が全体をチェック。そこで不備等があれば、改善事項などとして取り上げられます。これらの段階を経て、認証機関に申請します。

[PR]

csirtを成功させよう
専用システムの利用が最適☆ ファイル転送サービスを導入しよう
評判の高いツールを厳選特集☆ エンドポイントセキュリティの情報を紹介☆
会社のIT化を進めよう♪

文書管理ソフトをオフィスに導入!
作業効率が大幅アップ☆

社員や顧客の不安を払拭

スーツの人達

文書管理ソフトも導入して業務効率アップ

ISO27001取得を目指す企業が増える中、そのサポートとして、文書管理ソフトなどが出回っています。実際にISO27001の取得を成就することができた経験を基に作られたこともあり、注目を集めます。文書管理ソフトを導入することにより、業務効率を向上させることが期待できます。過去の事例や経験則を基に、いかに短い時間で最大限の効果を生み出すことができるかなどのノウハウが凝縮されており、企業にとっての大きな戦力となります。

企業としてはオフィスセキュリティを防ぐことも見逃せない

ISO27001を取得したとしてもオフィスセキュリティが万全になったというわけではありません。企業としては、常に見えない脅威にさらされているという強い危機感を持って臨むことが重要です。サイバー攻撃や個人情報漏えい、顧客や取引先などの情報などの管理にも万全を期して臨む必要があります。防犯カメラや赤外線センサー、警備システムの導入なども防衛策として大切ですが、決してそれだけでは完璧ではないということを従業員全てが意識を持つことが求められます。

[PR]

広告募集中